能力のある転職者か否か。

能力のある転職者か否か。

春先新年度これから数ヵ月後、毎年必ず仕事のストレスが原因で体調崩してやって来る患者がいる。 ストレスの多い現代社会、致し方無い。

小生自身も職を変え現在に至る。 転職を考えた時、周りの色んな人からアドバイスを頂いていたのだな... と今になって思い出す。 そもそも何故その時真摯に意見として聞けていなかったのだろう。

その中でもキツイ一言でよく覚えているのが、「自分は能力のある転職者か、能力の無い転職者かよく考えろ。 得てして処遇待遇に文句言うのは後者で、結局また辞めて行く」 だ。 そもそも本当に能力なる人間は、自分で自分に能力あるとは言わんだろうが。

酷いとトップ批判をしたりする輩もいる。 論外で一生底辺。 幸運にもウチの患者にはそんな人間はいなくて有難い。 逆に体調崩してやって来る人ほど真面目で誠実で頑張り過ぎて。

頑張り過ぎてはいかん。 頑張りは時間に比例しない。 短く頑張る者もいれば、長くダラダラ頑張らない者もいる。 逆を返せば時間に関係無いのだから、時間にこだわる事自体が虚無。 そもそも質の高い仕事をする能力、意識を持ち合わせているか。 そして雇う側もその部分を見抜いて雇うべき。 その部分が合わなければお互い不幸。 まぁお互いが能力無いって話し。

既に新年度はスタートし、皆一歩踏み出した。 より良い未来になるように。