長寿の秘訣はカロリー制限

長寿の秘訣はカロリー制限

健康な男女が15%のカロリー制限を2年間続けると、減量につながるだけでなく、寿命の延長と関連するバイオマーカーが改善し、老化の進行を抑えられる可能性のあることが分かったと言う報告が米国から。

平均年齢40歳で肥満のない若い健康な成人53人を、カロリー制限を行う群(34人)とカロリー制限を行わない対照群(19人)にランダムに割り付けて2年間追跡調査。 調査群には、健康的にカロリー摂取量を25%減らす3つの方法を伝えて自分の好きな方法を選んでもらって実施。

その結果、カロリー制限群では15%のカロリー摂取制限が達成されており、カロリー制限を続けると身体の中心部の深部体温が下がり、血糖値やインスリン値が低下し、代謝を調節するホルモンの値も有意に低下したという。 また、対照群では体重が平均で1.8kg増えたのに対し、カロリー制限群では平均で8.7kg減少し、そのほとんどが最初の1年間のうちに減量していたことが分かったそうだ。

カロリー制限は25%を目標とすべきだが、その達成は実際には難しいことや、減量が目的なのではなく、あくまでカロリー制限を続けていくことが大切であり、健康的で栄養バランスがよい食事を取るようにと研究者の先生は勧めていた。

大盛り山盛りは魅力的だが、やはり寿命山盛りをとるべきである。