日本の子供2型糖尿病は10倍に!

日本の子供2型糖尿病は10倍に!

健康的な生活習慣の維持を怠る2型糖尿病。 その蔓延は世界的に問題視されており、わが国日本でも、1976年から1997年の間に6~12歳で新たに2型糖尿病と診断された患者数は10倍に上り、オーストラリアでも2011年に新たに診断された患者の約1割が10~39歳だとする調査結果が報告されている。

そのオーストラリアから、若年期に2型糖尿病を発症した患者は死亡リスクが上昇し、特に心血管疾患による死亡リスクが高まる可能性のあると言う研究報告があった。 

2型糖尿病と診断された時の年齢が若いほど全死亡リスク、特に心血管疾患による死亡リスクが高いく、診断が10年早いと全死亡リスクは1.2~1.3倍、心血管疾患による死亡リスクは1.6倍となった。一方で、2型糖尿病の診断が早いほどがんによる死亡率は低下することも明らかになった。

この結果は「若年発症の2型糖尿病患者は糖尿病の罹病期間が長く、長期にわたって高血糖状態や合併症リスクが続くことが理由として考えられる」としていた。

ウチの子供肥っているのよね~~では済まされないと言う事をお見知りおきを。