余暇身体活動と死亡率

余暇身体活動と死亡率

過去、余暇身体活動と死亡リスクの関連を評価する研究は、ほとんど欧州系の健康人で実施されていたが、今回、東アジアの健康人および慢性疾患患者のコホートで調査を実施した米国の研究報告が医療系専門誌に掲載された。

アジアコホートコンソーシアムに含まれる9件の前向きコホートに参加した東アジアの46万7,729人でプール解析を行い、余暇身体活動と全死因および原因別死亡率の関連を調べた結果、アジアの中高齢者においても、定期的な余暇身体活動が健康状態にかかわらず死亡率低下と関連していることが示唆されたそうだ。

実は前職を辞めた直後数年間、ちょっと縁で成人病予防検診の仕事をお手伝いした事がある。 血液・食事・メンタル・負荷心電図等、運動能力検査も行い、成人病管理者・予備軍、年齢時健診該当者向けにカウンセリングを行っていたのだが、その健康状態を大きく左右していたのは余暇の過ごし方。 勿論運動するに越したことはないのだが、一番ダメだったのは趣味も無く何もせず、ただゴロ寝。 映画や読書の人より数倍悪かった。  まぁ一部例外も言えば、運動バカも成人病とは関係無いところであちこち悪かったのだが。www

身の丈に応じた生活習慣を心がけねばである。