お父さんお母さんが治す事に真剣に!

お父さんお母さんが治す事に真剣に!

とにかく今年に入って、新患中高生スポーツ君が多いんですわ。 しかも子供もお父さんお母さんも皆超良い人ばかりで、治療しているコッチが楽しく嬉しくなってしまう。

御両親が皆明確な疑問を持って訪れる。 その答えは実にシンプルで明快。

『何故、治らないのか?!』

だがこんな当たり前な疑問も持たず、ただダラダラ安近単で電機とマッサージに通わせるケースが異常に多い。

先ず何処が何で痛いのか? そこから真剣に考えてほしい。 風邪ひいて外科に行かぬように、歯が痛くて内科に行かぬように、何処の専門の科に行くのか? 今行って治らないところはそもそも何が専門の所なのか?! 外傷専門の所に障害で行っても絶対治らん。

実は休診日の昨日、某陸上競技場で個人練をしていたのだが、先客の近所の高校陸上部の子たち数名が、足をかばいながら気にしながら少し痛そうに走っていた。 マネージャーらしき子に 「病院とか行ってるの?」 と声をかけてみたら 「整形とか接骨院とかに皆行ってるけど良くならない」 と返してきた。

キャッチや謳い文句に騙されず、大人がシッカリ見抜いてあげて欲しい。 その一言に尽きる...