何故か毎年2月は膝関節

何故か毎年2月は膝関節

そうなんですよ、何故か毎年2月になると膝が痛いと言う患者さんが増えるのですよ。 寒いから?イヤイヤ、それがまた直接関係無さそうなのですわ。

転んだブツけた怪我外傷は極一部。 大半がずっと痛くて何故だかこの時期来院。他同業も同じナノカシラ??

寒さがゼロと言う事は無いが、誤魔化し続けた治療やケアが、いよいよ誤魔化しきれなくなったのが寒いこの時期なのか? いずれにせよ、原因は寒さ以前の問題。 寒くてすべて痛いなら、ウィンタースポーツ選手皆死んでるわ。

昨日の膝が痛い新患高校君、いゃ~良い子だった。皆良い子なのだけど、絶対良くしてあげる!と心底思う。 若い分だけ感情・感性が豊か。 治療にそれは大きな要因であり、特にスポーツでは感性は大きな武器となる。 その感性を生かせぬ治療は、真のスポーツ治療とは絶対言えぬ。

例えば体性感覚的に足首は前後方向、股関節は横方向の位置感に大きくかかわる。 その間に挟まる膝関節を診る時、やらねばならぬ事が自ずと見えてくる。 

やる事やれる事は山ほどある。 何もしてくれないとお嘆きなら、全力で診ますから!!