まだまだ猛威のインフルエンザ

まだまだ猛威のインフルエンザ

2018年1月26日、厚生労働省は平成30年第3週(1月15日~21日)までのインフルエンザの発生状況を発表した。

それによると、定点当たり報告数は51.93で、前週の定点当たり報告数26.44よりも約2倍近く増加した。 これは1999年統計開始以来過去最多!! なんだか違く国の言葉みたいになったが、ただ事ではない。 定点数の多さを都道府県別の上位3地域でみると鹿児島県(86.53)、宮崎県(84.97)、福岡県(83.99)の順で多く、全47都道府県で前週の報告数よりも増加がみられたそう。

定点医療機関ならびにそれ以外の全国の医療機関でこの1週間に受診した患者数を推計すると約283万人となり、前週の推計値(約171万人)よりも約110万人増加。 年齢別では、5~9歳が約59万人、10代が約40万人、40代が約29万人と多く、2017年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約837万人となった。

通勤通学はもとより、人混みに出かける方はご注意あれ。