日本人のビタミンD摂取量と脳卒中

日本人のビタミンD摂取量と脳卒中

日本人40~79歳の健康成人5万8,646人に対しての研究。 その食事でのビタミンD摂取量と脳卒中・冠動脈疾患死亡リスクの関連を調べたところ、ビタミンD摂取量が脳卒中死亡と逆相関することが示唆されたそう。

96万5,970人年の追跡期間中、脳卒中による死亡は1,514例、冠動脈疾患による死亡は702例。 研究の結果、ビタミンD摂取量は、脳卒中全体、とくに脳実質内出血による死亡リスクとの間に逆相関が示されたが、冠動脈疾患による死亡リスクとは示されなかったそうである。

肉ばかりでなく、魚もシッカリ摂らなきゃですナ。