高い平熱はガン発症の確立がね。

高い平熱はガン発症の確立がね。

正常体温は、加齢とともに低下し、正常体温が高いことはがんの発症やBMIの増加と関連する可能性があるという研究報告が、米国から。

米国の大規模研究病院の電子記録のデータセットを用い、2010~12年に病院の救急部および外来を受診した患者を同定し、これらの患者の2009~14年の体温測定を含む外来受診データ37万4,306件を収集。  このうち、感染症の診断を受けていないか、抗菌薬を処方されておらず、体温が正常範囲内と予測される患者3万5,488例(体温測定:24万3,506件)を解析の対象とした。

研究によると、ベースラインの平均体温は36.6度、3次医療施設で治療を受けた患者の1年死亡率は6.2%、体温は加齢とともに低下し、年齢が10歳高くなるごとに0.021度低くなった。白人男性と比較して最も体温が高かったのはアフリカ系米国人女性で、0.052度の差が認められた。 また、がんは、体温が高いことと関連が認められたのに対し、甲状腺機能低下症は、体温が低いことと関連した。さらに、BMIの1単位の増加は、体温が高いことと関連したそうだ。

一方で、これらの因子で説明可能な体温の範囲は8.2%にすぎなかった。 体温の0.149度の上昇ごとに、1年死亡リスクが8.4%増加したことから、残りの説明不能な体温の範囲は、死亡の有意な予測因子であることが示唆されたという。

説明不能な体温の範囲と死亡との顕著な相関は興味深く重要だと研究者の先生は述べていた。 かかりつけの院で体温が高いと言われている小生としてはムムムで、興味深い内容である、  としておこう...