加熱式たばこも血管に悪影響

加熱式たばこも血管に悪影響

快心のネタだと思った昨日のブログ。 面白さと集客はイコールでは無いのか、昨日午後はコレマタ見事なくらいのキャンセル変更の嵐で暇でゴザイマシタ。  で、今日は少しだけコチラの改心で、真面目にカキマス。w

米国カリフォルニアの研究チームの発表で、加熱式たばこ製品の「iQOS(アイコス)」は血管に悪影響を与えることが研究で明らかになったとあった。

iQOSの蒸気に曝露したラットの血管内皮機能は、一般的な紙巻きたばこの煙に曝露したラットと同程度に低下していたという。この研究結果は米国心臓協会年次集会で発表された。

「たばこ葉を摂氏600度で燃やす通常の紙巻きたばこは有害物質を含んだ煙を発生させるが、摂氏350度で加熱するiQOSではニコチンが含まれた蒸気は生じるが煙は出ないため、従来の紙巻きたばこよりも安全」とされているが、今回の結果では、血管内皮機能は蒸気のiQOS群で58%、紙巻きたばこのマールボロ群では57%低下した。 また、曝露を1回5秒間として5分間に10回行ってもiQOS群で60%、マールボロ群では62%の低下が認められ、iQOSの蒸気への曝露はマールボロに曝露した場合と同程度の血管内皮機能の低下をもたらすことが示されたそうだ。

ん~、やっぱりまだまだ難しいのですナ...