右投げ左打ちがスターの近道

右投げ左打ちがスターの近道

こういう面白いデータって好きですわ。

オランダからの研究で、メジャーリーガーのデータを分析した結果、高打率打者になる確率が最も高いのは右投げ左打ちの選手である事が示され、メジャーリーグで活躍することを夢見る野球好きの子どもには、「右投げ左打ち」の選手になることが近道かもしれないという記事を見つけた。

今回ので1987~2016年に活躍したメジャーリーガーのデータを分析し、その結果、通算打率が2割9分9厘以上となる確率、さらに1,000安打を達成して殿堂入り打者となる確率が最も高いのは、右投げ左打ちの選手であることがわかったそうだ。

各々の利点は野球経験者なら容易に想像がつくだろう。 まさにその通り。 研究者は「子どもたちには右打ちと左打ちの両方で練習させ、好きな打ち方を選ばせた方がよい」と助言していた。 自由にのびのびと。