頑張らない患者を頑張らす手法

頑張らない患者を頑張らす手法

治したい良くなりたい、うまくなりたい上達したいと言いながら、全然努力し無い患者を見かける。むしろ多いくらいで、だから治らずやって来る。

先日ある医療コラムで、そういう患者への指導方法を専門医の先生が事例を交えて説明していた。

治す側のテクニックになるので詳細には触れないが、もっと頑張れ!と煽るのでは無く、頑張る度合いを確認し、白黒で判定せずに具体化具現化し、頑張り度合いを少しずつ増やすアドバイスをする事が重要らしい。

昨今の叱咤激励ダイエットと真逆。 気合だけでは長続きなど絶対せぬし、だから短期で飽きて挫折しリバウンド。 心底親身にアドバイスしてくれる本物と出逢ってほしい。