運動嫌い遺伝子のお話し

運動嫌い遺伝子のお話し

運動と聞くだけで嫌になってしまう運動嫌いには、遺伝的素因がある可能性があると言う研究報告がオランダから。 コリャまた興味深い。

12~25歳の一卵性双生児115組、二卵性双生児111組、これらの双生児の兄弟姉妹35人、双生児ではない兄弟姉妹6組を対象に、運動習慣調査と、自転車エルゴメータによるサイクリングとトレッドミルでのランニングをそれぞれ20分間行ってもらって、運動に対する「情緒的反応」を調べたそう。

その結果、運動に対する情緒的反応の個人差の12~37%は遺伝的素因によって説明できることが分かった。また、運動で快感を覚える人は、日常的に運動する頻度が高いことも明らかになったと研究者の先生は報告していた。

なかなか面白い研究をさせる先生がいらっしゃるものですな。 このオチは治療時にでも。