女性とコーヒーと心の病気

女性とコーヒーと心の病気

コーヒーの消費量、甘味料の使用料、うつ病についての研究報告がカナダから。

コーヒーやダイエット飲料の消費と非栄養甘味料の使用は、世界中に蔓延し問題とされているそう。カナダの大学の先生が、コーヒーの消費や非栄養甘味料の使用とうつ病との関連を調査した。

35~69歳1万8,838人を対象に、コーヒーの消費や非栄養甘味料の使用とうつ病との関連性を調査した結果、コーヒーの非消費者と比較し、コーヒーを4杯/日以上消費した女性は、うつ病比が高く、また甘味料やダイエット飲料の消費とうつ病との関連は、男性よりも女性において顕著であったそうだ。

コーヒー飲んでる仕事が出来る風な女性の方々、ご注意あれ。 特にケーキセットはアウトですわな。(笑)