味噌を見損なうナ!!

味噌を見損なうナ!!

ド直球なおやじダジャレから本日はスタート。

味噌しっかりを摂取すると、食塩含有量が多いにもかかわらず血圧上昇が抑えられ、脳卒中の予防効果をもたらす可能性のあると、広島の大学の先生が実験で突き止めた。

これまでの疫学研究では味噌の摂取量が多いと乳がんや早期の前立腺がん、大腸がん、肝臓がん、胃がんなどになりにくい可能性が示され、基礎研究でもその効果が証明されている一方で、味噌の摂取は食塩の過剰摂取につながる恐れがあるとされてきたが、最近では、味噌汁の摂取頻度と血圧の間に関連は認められないとする研究報告もあるそう。今回の研究では、味噌の摂取による脳卒中への影響を検討した。

今回の研究で、味噌群および低食塩群と比べて高食塩群では生存率が有意に低下していた。 また、高食塩群では低食塩群よりも血圧が上昇し、早期から歩行障害などの脳卒中症状が現れたのに対し、味噌群の血圧は低食塩群との間に差はみられず、脳卒中による死亡率は低食塩群よりやや高かったものの有意差は得られなかったそうである。

しかしそれでもまだ詳しい原因は分かっておらず、発酵熟成の過程で産生される何らかの物質が食塩の作用を抑制している可能性だそうだ。 理屈や理論より、先人を見習った生活を改めて再考である。ビバ日本!!