若い頃から20kg体重増加していると...

若い頃から20kg体重増加していると...

女性18歳、男性21歳時と、男女55歳時との体重差についての研究レポートが米国ハーバードから。

2.5~10.0kgの中等度増加群は、体重変化の小さい安定群(+-2.5kgの体重増減)に比べ、2型糖尿病、高血圧症、心血管疾患などの発症リスクが有意に高く、慢性疾患、認知機能低下、身体機能障害などをもたないで無病息災に年を重ねることを可能にする集団の割合を引き下げると報告されていた。 当然、20kg以上増加の高度体重増加群は論外。

ではいつから肥満是正を開始するべきか?! 肥満是正タイミングは重要であるが成人期以前の学童期からすでに肥満は始まっており、成人期まで増加傾向にあることは既知の事実であるため可能な限り早期に開始することが好ましい。 成人早期、女性ではとくに結婚、妊娠、出産、育児などを境に体重が増加することが多いため、遅くとも40歳までに肥満を是正すべきと考える。 さらに、55歳以降の肥満是正が生命予後、生活の質改善に有効か否かの検証もこれから必要であると述べられていた。

なんにせよ中等度以上の体重増加はマズイ! くれぐれもご注意あれ。