子どものトランポリンに対しての注意喚起。

子どものトランポリンに対しての注意喚起。

今朝、小生がよく見る医療サイトの記事で、『トランポリンで遊ぶのは楽しく運動にもなるが、子どもには極めて危険な場合もあると、米国整形外科学会が保護者に対して注意を喚起している』という記事みかけた。 つい一昨日、仲の良い患者さんと子供にトランポリンを買ったなんて話をいていたところなのに。(/_;)

それによると米国内でトランポリンによる負傷者の治療件数が2015年だけで29万5,000件を超え、このうち約10万3,000件は救急部門での治療だった。特に6歳未満の幼児は、トランポリンで安全に飛び跳ねるために必要な筋肉の協調運動や身体意識、すばやく反応する能力が十分に発達していないため危険性が高まる。このことから6歳未満の子どもは負傷するリスクが高いため、トランポリンで遊ばせるべきではないとしていた。

小生も僅かではあるが学生時代に体操指導をしていたことがあり、最低限の安全管理の話はさせた頂いたのであるが、どうやら認識以上に危機管理はせねばならないようだ。

安全と健康は全てに優先するのだから。