その治療、最小限であって最大限じゃ無いからね!

その治療、最小限であって最大限じゃ無いからね!

治療・医療に限らず、最低限の仕事しかしない人間と、最大の努力・労力を払って仕事をする人間、果たしてどちらの人間に責任感と信頼を感じるだろう?

何らかの情報を得て仕事をしたとしよう。 本人はプラスされた事柄によってより良い仕事をしたと思うだろが、それはタマタマ今まで自分が知らなかった事であって、他の人はそれ以上の事をしており、決して皆より優れた事をしている訳では無く、最低限の事をやっとやっただけの話。 若いほど未熟なほど勘違いをする。

先日も患者と引越の話になった。 引越の挨拶は向こう三軒両隣かというが、そもそもそれは正しくない。  日常から親しく交際する近くの家を指し示す言い方であって、挨拶は挨拶。 挨拶をする気がどれだけ有るかどうかは別の話し。 昨今隣近所で顔を合わせても挨拶もしない輩もいるが、それを自分がどう思うか?! まして自分に子供がいるのなら、見える範囲には挨拶はしておくのがよりベター。 ポストに石鹸やタオル入れるだけの話。 50軒100軒でもあるまいし。

その言動に、自分のハートが有るか無いか。 心は無意識で態度に出てしまうし、他人はそれで判断をするもの。  ハートでは誰にも負けない仕事をしたいものだ、