全身持久力をどのくらいの期間維持すべきか。

全身持久力をどのくらいの期間維持すべきか。

2型糖尿病の予防などには運動が必要不可欠。 特にジョギングやランニングで向上する全身持久力を高く維持することは重要だと皆が承知の沙汰だろう。

先ごろ日本の東北の大学の先生たちが、全身持久力を高く維持すると2型糖尿病の発症リスクが低下し、予防につながる可能性のあることがあるとした一方で、全身持久力が一時的に高くなっても2型糖尿病リスクには影響を及ぼさないことも分かったと発表していた。

糖尿病ではない20~60歳の男性7,158人を23年間追跡し、2型糖尿病の発症率を調査したそう。 追跡期間中に1,495人が2型糖尿病を発症し、全身持久力が継続的により高い群ほど2型糖尿病の発症リスクが徐々に低下することが分かったそうだ。 また、全身持久力が最も低い群に比べて最も高い群では2型糖尿病の発症リスクは28%低下していた。 

何事も根拠無いブームは継続しない。 人生コツコツ真面目に誠実にである。