脂質降下薬が糖尿病発症を増大

脂質降下薬が糖尿病発症を増大!?

日本の薬学部の先生が、脂質降下薬が糖尿病発症に関連するかどうか調べた報告が先月末発表されていた。

大企業の日本人従業員とその扶養家族対象に、脂質異常症を発症した20~74歳約7万例を調査。 その結果、糖尿病の臨床的危険因子の調整後も、脂質降下薬であるスタチンを使用したケースでは、糖尿病発症リスクが1.9~2.6倍に増加したことが分かったそうだ。

コレ以上の詳しい事は小生も専門外で、知ったかコピぺになるので差し控えるが、興味関心のある方はご自分で。

余裕ある奴が、金と時間使ってどっかで学んだ情報の方が説得力あると言うなら世の中腐ったモンだ。 何か得れば解決できるほど、世間はそんなに甘くは無い。 今回は薬であっても同じ事が言える典型例な話し。 根本は生活から、自分自身から変えねばならぬのである。 何事も。