慢性肝疾患の予防に飲みましょう!

慢性肝疾患の予防に飲みましょう!

コーヒーやハーブティーを日常的に飲むと慢性肝疾患を予防できる可能性があると、オランダから。 これらの飲料を頻繁に飲む事によって、慢性炎症により肝臓が硬くなって瘢痕化する肝線維化を防ぐのに有用かもしれないと。

肝疾患のない45歳以上のオランダ人2,400人超をエコーで肝線維化の程度を調べ、さらに医療記録を調べるとともに、飲食物の摂取頻度も調査分析。 コーヒーと茶の摂取量に基づいて対象者を3群に分け、さらにハーブティー、緑茶、紅茶など茶の種類にも注目。

年齢や性、BMI、食事内容などの生活習慣を考慮しても、コーヒーを頻繁に飲む人では肝線維化のリスクが4.1%、 たまに飲む人6.9%、全く飲まない人7.8%というように、頻繁に飲む人の方が有意に低いことが分かった。 一方で茶については、ハーブティーの摂取量のみが肝線維化リスクの低下に関連していたそうだ。

信憑性や精度はまだまだだそうだが、今回の研究から肝疾患を示す症状が何もみられない一般の人では、ハーブティーとコーヒーを頻繁に摂取すると肝臓の保護効果が得られ、瘢痕化を防ぐようであることが明らかになったと述べられていた。

清涼飲料はホドホドにしましょうね。