この仕事で感じる喜びと幸せ。

この仕事で感じる喜びと幸せ。

月末に取ろうと思っていた今年初の連休。 残念ながら諸般の事情で断念。 まぁ仕方が無い。 スタッフを休ませても、院の完全休診は毎回気が引けるので一人でオープン。 振り返れば最初の10年は、年末年始以外まともに休みは取らなかったし。

それでもこの2年は年に3回は連休を取れている。 貧乏車中泊旅へ出かける事も出来てるし、それはそれで幸せ。

そこでいつも考える。 患者が治ってまた動けるようになる事に喜びを感じる。 では、この出かけた時に感じる幸せは何か?

連休だけに限らず、休診やいつもより少しだけ早く終わった平日の夜、めしを食べに行くのも出かけるも、その多くの情報源は患者からもらった物ばかり。 事、旅に出かけるとなると、全国隅々までいる患者地元情報100%で行動している。 ネット情報がいかにインチキか、日々毎回痛感する。

食事や旅行以外もそう。 日常のタメになる情報や知識の多くは患者からのもの。 上っ面な一般論や、見栄や体裁の無い生の情報。 一度活字に変換したものには真実とは違う誤差が出る。

趣味見時間を使うのも悪くは無いが、誠実に勤勉に勤めた先に得る物の尊さを日々改めて感じる。 多くの患者に感謝である。 ちと古いが、いつか必ず倍返しイタシマス。