久々元同僚、元先輩と。

久々元同僚、元先輩と。

昨晩は元同僚・先輩たちに声をかけて頂き、渋谷の街に。 超久々都心の夜は凄かった。

何人かの先輩方とお会いするのは20数年ぶり。 皆さんお変わりなくお元気で、お仕事もバリバリで尊敬することばかり。

当然会話は昔話。 各々の断片的な記憶をつなぎ合わせながらの会話は、今更ながらな新たな発見もアリで楽しくも勉強もにもなり。

確かに皆が若かった。 小生自身当然当時は20代。先輩方も30代。 良い事も悪い事も、皆若すぎた。 悪かった事は悪かった事で若気の至りで、逆に良かった事でずっと良い経験だったと思っていた事も、改めて色々話を聞いてみると自分が思っていた意味とは逆で薄っぺらかったり。

会社を辞めてからの、この20年も反省する事ひとしきり。 だが、多くの場面で目上の患者さんたちに助けられた事が数多くあった。 感謝したら感謝しきれないくらい。

そしてその気持ちを、また後から来る者たちへ伝えなければならない。 きっとそれこそが本当にせねばならぬ事なのだろう。 

自分が中心で前に進むのではない。 そんな事を昨晩教えて頂けた。 それからもその感謝を全力で返していきたい。