食は食欲、欲ナンです。

食は食欲、欲ナンです。

先日の健康的な肥満の話しの続き。

最近患者とよく食べ物の好き嫌いの話になる。 特に看護師の患者と。 

巷に溢れる数え切れないほどの食べ物ネタ。 コレが健康に良いとか、コレは食べては駄目だとか。 以前、糖質制限食についてでも書いた事があるのだが、"食"と言うものに対する考え方から変えねばならぬ。

何を食べるか、どう食べるかでは無く、何の為に食べるのか!? が重要なのだ。

例えばお腹が減るから食べるとか、生きる為に食べるとか言う。 ならばお腹いっぱいなら食べないのか? 甘いもの別腹とかならないのか?! 生きる事に関係ない物は絶対食べないのか?? って話になる。

今どき体操やエクササイズも同じ。 以前ある優秀な栄養士が、スポーツを熱心に取り組む子供の父兄に朝食の大切さ重要さの講習を行った。 例えばシリアルに牛乳にヨーグルトにフルーツに。 そう説明したらそれを聞いた父兄が一斉に文句を言ったそうだ。 その顛末は面白過ぎるので今回は此処では語らぬが、みんなおんなじ。

安直、安易に答えなど有る訳無いし、手に入る訳が無い。 食育は難しいのである。 続きの面白ネタは後日お会いした時に。