健康的な肥満なんている訳無いだわサッ

健康的な肥満なんている訳無いだわサッ

例え健康診断、血液検査で異常が無いと言われたって太っている以上、健康的な肥満なんて存在しないんですって研究報告が英国から。  まっ、当たり前か。

そもそも "健康的な肥満" と言う言葉も可笑しなものだが、 高コレステロール血症、血糖コントロール不良、糖尿病、高血圧など、通常肥満に関連する代謝障害がないといわれているのをそう呼ぶらしいが、心不全や脳卒中といった障害のリスクが高いかどうかは誰も真面目に研究調査した事無かったんだって。  

で今回、疾患が認められなかった18歳以上の英国人350万人の1995~2015年間を分析した結果、代謝障害のない正常体重の人に比べて、健康的な肥満の人では心疾患リスクが50%、脳卒中リスクが7%高く、心不全リスクは2倍であり、末梢動脈疾患(PAD)リスクも大きいことが分かったそうだ。 ホントに何度も言うが、当たり前な結果。

肥満の人の心疾患リスクは、代謝異常の数の増加に伴って高まることも分かったそうで、 例えば代謝異常のない正常体重の人に比べて、3つの代謝異常がある肥満の人では、冠動脈疾患は約3倍、心不全は約4倍、PADは2倍以上になり、脳卒中リスクは58%高かったという。

特に医療従事者の方は肥満の人に対し、代謝異常の有無にかかわらず、まずは減量を促進することを優先すべきと締めくくられていました。   フ~、ってお話しデシタ。