筋肉失い、内臓脂肪がつく期間。

筋肉失い、内臓脂肪がつく期間。

過体重でなければ2型糖尿病リスクがあるわけでもない、毎日平均一万歩歩いていた健康的な若者集めて二週間、階段の代わりにエレベーターを使い、歩く代わりにバスを使い、普段よりも家にいてもらってどうなるかって。 これはコレで凄い研究報告が英国から。

結果、除脂肪筋肉量は0.45kg近く減少し、体脂肪量が増加。 体脂肪は特に腹部で増加する傾向があった。 同時に体力が急激に低下し、以前と同じ距離・速さで走れなくなったという。

ただし再び活発な生活を送れば2週間以内に回復できるようであったそうだ。 まぁ若者の話だそうだけど。

僅かたった2週間、身体活動を控えて座りがちな生活を送るだけでも、健康な若者が筋肉を失い、内臓脂肪がつき始めるとの研究結果。 最終的には心疾患や2型糖尿病のリスクが高まり、早期死亡に至る可能性があるという、当たり前だが恐ろしい結果。 想像以上に悪い奴は駆け足で忍び寄って来ると言う事である。 くわばらくわばら。