エナジードリンク飲むよりやる気が出る事とは。

エナジードリンク飲むよりやる気が出る事とは。

米国大学から、カフェインを摂取するよりも軽く階段を上るほうが、やる気を出すのには役立つという研究結果の報告があった。

被験者には別々の日に、カフェイン50mgカプセルを摂取するか、プラセボを摂取する、あるいは階段の上り下りをゆっくりと10分間(全体で約30階分)実施した後、気分について回答し、作業記憶、集中力などに関する検査を受けたそう。

それによると、カフェインまたはプラセボを摂取したときは、被験者の気分にさほど大きな変化はみられなかったのだが、階段を上り下りした後には、力強く元気が出ると感じたことが分かったといのだが、残念な事にこの運動による気分の高まりは直ちに生じたものの、長続きはしなかったそうである。

短時間上り下りをするだけでも気晴らしとなり、やる気が出ると感じられるようであるのだから、会社勤めの人でも容易かつ簡便にできる運動であることを考慮して取り入れるべきと研究者の先生は述べていた。

小さな事でもコツコツと。 ガツガツ運動、まぁいずれ続かなくなるのだうがナ。