交通事故で最も後悔するポイント

交通事故で最も後悔するポイント

行楽、渋滞、サンデードライバーとくれば、次は当然、交通事故。 くれぐれも気をつけてもらいたいものなのだが、どうしても避けれない時もある。

例えば信号で交差点で止まっていたとしよう。 そこへ後ろから車がドーン!! 幸い双方、人間には問題無かったがクルマはグチャ。 当然10対0どころか100対0。 当初は先方謝っていたが、のちに第三者が出てきて保険は使わず此方で直すと。

さてこのケース、誰が手助けしてくれるのだろうか?  ふつうは自分の保険会社の人が色々動いてくれると思うのだが、実はそうじゃないケースが多々ある。 むしろ最近激増している。

お察しの通り、実はウチに患者の最近の話し。 仕事柄、過去何十何百もの交通事故治療に応対してきたがこのケース、加入任意損害保険が格安通販系保険会社。 過失ゼロなら対応できませんよ~~って、たまたま電話に出た、安心の専任担当若い女の子が。

少なくとも小生が関わった通販系自動車保険は100%もめる! こういう風に話すと、通販系の人間は「そんな事は無いよ!」、「ウチはそんな事は絶対無いよ!!」と全員言う。 敢えて友人とは言わず、知人な通販系会社の奴にいつももんくを言ってやる。

たとえ10対0、100対0でも色々動いて知恵貸してくれるのが、保険屋の代理店のオヤジ。 そこなんだよねぇ~、一番大切で重要なのは。 やっぱ人間。 規則やルール、ましてやサービスで差別化出そうとしているところにろくなとこは無い。

無いより有った方がイイでしょ!? 的な、そういう目先だけの短絡的な思考が、質の低い者を世にはびこらせる。 安物買いの銭失い、安心に為に入ったものでイライラ倍増。 事実は小説より奇なりで、不思議どころか悪だ。 紙の上の理屈でしか思考出来ない人間、はてさてどうしたら世の中から居なくなる事やら...