失業・再就職で脳卒中リスク上昇

失業・再就職で脳卒中リスク上昇

日本の大学の先生からの研究報告。

40~59歳の日本人約4万2,000人(男性約2万2,000人、女性2万人)を対象に、雇用状態の変化が脳卒中リスクに及ぼす長期的な影響を分析・調査した結果、1990~1993年から15年間の追跡期間中に1,400件超の脳梗塞または出血性脳卒中が発生し、そのうち400件超が死亡に至っていた。

さらに解析の結果、継続的に就業していた対象者に比べて、失業したことのある対象者では脳卒中リスクが高く、男性が失業すると、脳卒中を発症するリスクは1.58倍、脳卒中による死亡リスクは2.22倍に上昇した。 女性でも同様に、失業すると脳卒中の発症リスクは1.51倍、死亡リスクは2.48倍に上昇した。

再就職の場合でも、男性では脳卒中リスクがさらに高まり、脳卒中の発症リスクは2.96倍、死亡リスクは4.21倍にも上っていたのだが、しかしそれが女性の場合では、これらのリスクはほとんど上昇していないことが分かったそうだ。

研究者の先生は、雇用の安定が脳卒中リスクの低減につながる可能性があると述べていた。 安定して幸せに働きたいものである。