骨粗鬆症に関連する骨折後死亡率

骨粗鬆症に関連する骨折後死亡率

骨粗鬆症に関連する骨折後の死亡率は、男性のほうが女性よりも高いことが、米カリフォルニアの大学から。

ひと月前も骨粗鬆症の研究報告について触れたが、やはり先進国では大きな問題となっている疾患の一つ。  今回の研究によると、骨粗鬆症に関連した初回の「脆弱性骨折」が起きる可能性は女性の方が高いのだが、その後さらに脆弱性骨折が再び生じる可能性では男女同程度。 しかしその後の死亡リスクは男性のほうが高かったという事が分かったそうだ。

研究対象は骨粗鬆症を有し、2005~2009年に骨折を生じた65歳以上の米国患者100万人超のデータ。 対象者の87%は女性であった。 骨折から1年後の死亡率は、男性で約19%、女性で13%であったという。

小生的に興味あるデータは、女性の場合、初回の骨折が起こる可能性は男性の5倍だが、その骨折後3年以内にさらなる骨折を生じるリスクはやや低かったそうであり、逆に初回の骨折で手術を要した男性は、3年以内にさらなる骨折を生じる可能性が高かった。 だが脊椎圧迫骨折の場合のみ、続発する骨折のリスクは男女で同程度。 

ん~、ますます運動療法の必要性の高さの臭いを感じるのは小生だけであろうか...