運動しても効果が出にくい『運動抵抗性』

運動しても効果が出にくい『運動抵抗性』

運動の効果には個人差が大きいが、、それには肝臓から分泌される「ヘパトカイン」と呼ばれるホルモンの1つ、セレノプロテインPが骨格筋に作用することで運動効果を無効にしている可能性があり、運動してもなかなか効果が得られない人ではこのセレノプロテインPの血中濃度が高いこともわかったと、日本は金沢の大学の先生方の研究で突き止めたとレポートがあった。

マウスを使った研究では、セレノプロテインPを欠損したマウスと正常マウスに1日30分の走行トレーニングを1カ月間行ったところ、運動の強度と時間は同じだったにもかかわらず、セレノプロテインP欠損マウスでは運動効果が倍増しており、セレノプロテインP欠損マウスでは運動後にインスリンの効きが良くなっていることもわかった。

また、健康な女性31人を対象に有酸素運動を8週間行ってもらう臨床研究では、血液中のセレノプロテインP濃度が高い人では、濃度が低い人に比べて運動による効果が向上しにくいことも明らかになった。

先生方の自助努力のおかげで様々な事が解明し、新たな生活習慣病対策は勿論、正しく運動効果を導き出せる指導もより一層進歩する事だろう。 感謝。