話題のあの健康食、実は不健康?!

話題のあの健康食、実は不健康?!

確かアメリカで流行ってるんですよね、あのナンでも野菜をミキサーに入れてグルグル混ぜて飲むやつ。 そのジューシングについて、米国心臓病学会から正しい情報提供を。

そもそも基本的な話なのだが、ジューシングは一時的にビタミン、ミネラルなどの栄養素の吸収率を向上させるが、丸ごとの野菜や果物に含まれる繊維質や栄養素は除去されてしまう可能性がある。 また、ジュースはカロリーは濃縮されているが、飲んでもさほど満腹感が得られないという結果に。

それ以外にも、現在米国で流行している特定の健康食に関する医学的エビデンスを下記に。

例えばココナッツオイル。 健康に良いと流行っているが、健康に有害な飽和脂肪を多量に含んでる。 ならば不飽和脂肪を含むオリーブ油やサラダ油を用いるほうがよいという。 そもそもココナッツオイルの効果を裏づけるデータは存在しないと。

コレステロールでよく言われる卵。 確かに卵はコレステロール値を増大させるが、これまで考えられていたほどではない。 心疾患や高コレステロール血症リスクが高い人ででない限り、1日1~2個の卵はほとんど影響がないのが最近の考え。 逆に肉や乳製品に含まれる飽和脂肪のほうが、よほどコレステロール値への害は大きい。

最終的にレビューを書いている研究者は 「色の鮮やかな野菜や果物は抗酸化物質の豊富な栄養源である」とし、未加工の食品を中心とする植物性の食事を摂るのがよいと結論づけていた。 まぁ、ソリャそうだよね。 

なんでもハヤリに飛びつき流されるのは、未熟な者だけなのだしネ。 以上。