無駄な人生に感謝

無駄な人生に感謝

さて3月。もう春はすぐそこ。 春は出逢いの春。 人との出逢いは大切にせねばならない。 先日、ある会社の経営者の方にこう言われた。

『私はコレと出逢って人生変わりました!』 と言う人を信じてはいけない。 と。

振り返れば何度か、そう言われた事がある。 気が付けば町中そんなキャッチコピーに溢れかえっている。

「お陰ですっかり良くなりました。もっと早く先生の所へ来ていればよかった」 と、聞いてる方の歯が浮くセリフを、患者にタマに言ってもらえる事がある。 素直にその言葉にお礼を言うが、ですがそれは違いますよ!とも言う。

今回最後がたまたまウチだっただけで、今まで行った整形外科で、整形外科で治るところが全部治って、たまたま最後に残ったところがウチの専門分野だっただけと言う事も有るじゃないか。 順番逆なら話は違っていたかもしれないと。 

重要なのは、今まで出逢ってきた事や人に感謝をする気持ち。 目の前の事だけにしか答えを導きだせぬ人間は、感謝しているふりをして、結局振り返れば過去の関係は全て切れているパターン。

出逢いを大切にしている風で、実際は出逢いを大切にしていない人。  そういえば暫く前にイチローも言っていた。 人生無駄な事なんて無い。むしろ無駄が一番大切と。

知識や理論以前に一番大切にしなければならない事と、心底出逢ってもらいたいものである。