ファッションモデルの摂食障害

ファッションモデルの摂食障害

摂食障害がファッションモデルに蔓延している新たな研究報告が米国から。

モデル85人にオンライン調査。 それによるとその62%強が1年以内にモデル事務所、デザイナー等から減量するか体型を変えるよう依頼されたと回答した。 そのうち54%は、従わなければ仕事は無いと警告され、21%は事務所から除名すると告げられていたという。さらに9%強は美容整形手術までをも受けるように言われたことも判明したそうだ。

結果、そのうち56%が食事を抜き、52%は断食をし、24%は減量サプリメントまたは痩せ薬を使用、8%は自分で無理やり吐いたことなどがあると回答していたという。

今回調査したモデルの半数以上が、痩せたり体型を変えたりすべきだという圧力を常に感じていると答えていた。

リアルな数字を目にすると、やはり問題の根深さが見えてくる。 華やかさに憧れてるばかりではいけない事を、大人は若者に伝え、またその模範となる行動も取れねばならないだろう。 安全と健康は何よりも優先するのだから。