脂肪細胞の増殖抑制が解明。

脂肪細胞の増殖抑制が解明。

日本の研究報告から。 糖鎖の一部が、脂肪細胞の増殖の抑制に働き、肥満を抑えていることを解明したと研究報告させた。

正直小生も専門家では無いので糖鎖なんて耳慣れなかったのだが、各種の糖が鎖状につながってタンパク質などに結合した化合物の事をさすそうで、ヒトの体内のタンパク質は半分以上がこの糖鎖を付けた状態で存在してという。 これまでこの糖鎖の構造や量が、がん、糖尿病、アルツハイマー病などの疾患の原因のひとつであることがわかっていたそうなのだが、今回の研究で肥満に伴う脂肪細胞の肥大化や増殖に関連することが明らかになったと報告していた。

研究では高脂肪食を摂取させて肥満にしたマウスの脂肪組織を調べたところ、末端に「α2,6シアル酸」をもつ糖鎖の量が、脂肪細胞の分化に伴って大きく減少していることを発見し、それに関連する酵素がオフで、増やしたら脂肪が減って... ん、難しいので無責任なコピぺはこの辺でよすが、地道に研究させてらっしゃる先生方のおかげで、我々はより健康的に生活を送る事が出来ているのである。

得てして子供や未熟な者ほど、人前で声高に話す立ち振る舞いに憧れたりするのだが、人間必ず自分の本分と言うのがある。 簡単にいえばカッコつけしいは嫌われる。 見栄を張らず身の丈に。