お金をドブに捨ててる患者の典型。

お金をドブに捨ててる患者の典型。

正直神様ではないのだから、どんなに頑張ったって世の中全員を救える訳では無い。 よほどの悪い奴で無い限り、どの先生も皆患者の為に頑張って仕事をしている。 

小生のような仕事の場合、年に絶対数名は理解してもらう事が出来ぬ患者が居る。 昨年振り返ると一回で来なくなった患者が3名いた。 たとえそれが1名だとしても努力不足で日々精進。

だが稀に初めからちゃんと治療をしに来て無い、一回で来なくなる患者もいる。 治したいでは無く、来てみたかっただけというパターン。 まぁ。百歩譲って此方は商売、金にはなるのだが、ナンも得るもの無く、金をドブに捨てている事に気が付かぬ患者で、残念。

あきらかに取り敢えず来たという患者と、しっかり治したいと思う患者を同じ治療する訳が無い。 治したいと思う患者に失礼。

もし此処がお絵かき、絵画教室だとしたらどうするか? たった一回のお絵かき会なら絵具を絞らせ、筆を握らす。 しかしちゃんを学ぶのであればデッサンから教える。 治療も同じ。 来る気が無いのに来る気されても、全部は話さず全部はせずで、なにも分かる訳が無い。それが治療。 場当たり肩揉み治療院に行った方が良いよ、直球で小生は患者に言うが。

4、5千円は大金。 受け取る此方側も責任を感じる。 生きたお金のなるよう、また生きたお金の使い方をしてもらいたいものだ。