親の肥満が子供の発達に影響ですって!

親の肥満が子供の発達に影響ですって!

親が肥満。 それだけで良い影響がある訳が無い事は容易に想像が付く。

米国で2008~2010年、不妊治療が出生から3歳までの小児の発達に影響する可能性を調べた研究の一部から、肥満の親をもつ小児は3歳までに発達の遅れのサインを示す可能性がある事が分かったそうだ。

それによると正常体重の母親の児に比べて肥満女性の児は、3歳までに手指を用いた微細運動技能テストで不合格になる可能性が67%高く、肥満の父親をもつ児は、他者との関係や交流の程度を示すと思われる個人的・社会的技能テストで不合格になる可能性が約71%高かったそうだ。 また、両親が肥満の場合、問題解決能力テストで不合格になる可能性が約3倍になることが示唆されたという。

あくまでもデータなので因果関係を証明できるものではないそうだが、肥満の両親が良い訳は無いだろう事はハッキリ分かった。 とくに母親だけではなく、父親の影響も示した事は大変興味深い。 特に小さい子を持つ方々、お気をつけあれ。