暇より忙しい方が心配

暇より忙しい方が心配

昨晩スタッフ連れて、今年シメのラーメン屋に行った。(いや、も一回行くかもだケド)

わりと最近出来た広くて綺麗なそのお店、何時に行っても店内は客で賑わっており、若いスタッフたちも明るく元気に仕事をこなしていた。

昨晩もスッとテーブル席につけたのだが、その後アッと今に満席になり、入口には2、3組の待ち客が。 そこでいつもと違う事に気が付いた。 スタッフの数がいつもと違って明らかに少ない。 40、50人の客をたった2人で調理・配膳・接客は厳しい! 

だが、それでも2名のスタッフは明るく元気で笑顔で仕事をこなしている。 そのせいか客の誰もが、逆にのんびり楽し気にその待ち時間を過ごしていた。 客の皆が応援しているような顔をしていた。

どんな仕事も真面目に誠実にすれば、自ずと成果も付いてくる。 利益と打算は必ず見透かされる。 繁盛しているからと言って驕っていては、いつか必ずゆっくり足元からすくわれてくる。 そして周りには類友、同じ穴の狢のような低俗な人間しか残らない。 きっと先述のそのお店は、お客さんも質の高い方々が付いたのだろう。

文句を言う時間があったら笑顔を作れ! むかし聞いた言葉を改めて今思い出す...