この時期LOVEで「キス病」にご注意!!

ただしく風邪、ウイルスによる上気道感染症の治療うけてますか?

そもそも正しい風邪ってご存知か?

正しくは上気道感染症と言い、ウィルスによるもの。 咳・痰に喉の痛み、それと鼻水・鼻づまり。 鼻症状、咽頭症状、下気道症状の3系統の症状が同時同程度に存在する場合は、非特異的上気道炎、いわゆる風邪、感冒の可能性が高い。

当然薬も風邪薬となる訳なのだが、理由は何だかわからぬが、適切では無い薬、特に抗生物質のような抗菌薬のせいで症状が長引き悪化する事がある。 近年世界中の医師の間でその事が問題視されており、抗菌薬使用削減の為の取り組みもされているという。

少々下世話な話になるのだが、この時期クリスマスムードで世間にLOVEが溢れる時は、「キス病」が巷にあふれてしまう。 そうそう、風邪が長引いてなかなか治らないからと言って出してもらった抗生物質で、キス病と呼ばれる伝染性単核球症が伝染・蔓延し、発熱、咽頭痛、リンパ節の腫れなど他の風邪と似たような症状を呈す。 更に悪化し肝機能が低下し倦怠感が強くなる。  こうなったらもう風邪なんだか何なんだか訳分からず。

素人知識でこの薬出せ!などとは決して言わず、お医者様の事をしっかり信頼して通いましょう。 まぁウチもしっかり信頼して通ってもらいたいモンなのだが。