引き際

引き際

自分の引き際を考えた事があるだろうか?

勤め人だとまた何処かいつか誰かと出会えば、今と同じ生活、いや、今以上の自分になれると他力本願で考える事が出来る。 しかし自営ともなると、その現実性は想像以上に低くなる。

とぼけた輩は自営自立しても、誰か何かに頼れば前進できると信じている。 自分の人生なのに他人頼りの人生。 クビにならない分、自分自身の引き際が悪い。 

小生たちのような職業の場合、もし自分一人で営業していたとしたら、患者が一日五人の日が続いたら引き際。ほぼ才能もセンスも無いと考えた方が良い。 安売り頼りの保険診療ならば、十人以下が続いたら壊滅的。 この職業での可能性はゼロだろう。

野球選手が野球で食うのなら、治療家は治療で食うべき。 引退後の焼肉屋が目標で生きているなら口を閉ざすが、もしそうでないのなら自分の人生の計画が甘い。 そんな人間が他人の人生を背負う医療の世界など有り得ぬし、あってはならない。

憧れだけで飛びつく職業など子供。 前進も後退も見極め。 欲で目が曇っているうちは真っすぐ前には進めず、踏み外すのだから...