認知症研究の優先順位。

認知症研究の優先順位。

昨年開かれた、認知症に対する世界的アクションに関する第1回WHO大臣級会合の話が最近レポートされていた。

WHO加盟国80ヵ国と4つの国連機関を含む160人の代表が集まり、認知症の世界的な負担を軽減するための取り組みが発表された。

それによると、201人の参加者から863件の研究質問を収集し、59テーマの研究手段に統合。 39ヵ国、162人の研究者、利害関係者により、5つの基準に従って匿名により採点した結果、上位10位の研究優先順位のうち6件は予防に重点が置かれていた。 その他、鑑別、認知症リスク低下、デリバリー、認知症者と介護者のためのケア品質であったという。

診断に関する他の優先順位は、バイオマーカー、治療法の開発、疾患メカニズムの基礎研究、一般市民の意識、認知症への理解であった。

世界的に力を合わせて研究の的を絞るなんて素晴らしい。 セミナー開いて物売って、損得売名の烏合の衆とは大違い。 まぁそんな輩はこんな事書いたって読んだって、ちっとも耳なんか痛くはねぇんだろうがナ。