カカオと炎症・血糖値。

カカオと炎症・血糖値。

チョコレートは身体に良いと、よく健康番組で取りざたされるが、もちろん糖分・カロリーには気をつけねばならない。

先日、健康に有益とされるカカオの成分であるフラバノールの対照試験19件のレビューが米国で報告されていた。

米国立衛生研究所と製菓企業のマース社による研究、さらに米国心臓協会と製薬企業のファイザー社による知見をレビューした結果、カカオフラバノールを含む食品を摂取した群では、トリグリセリド値が低いことが判明した。 また、炎症や血糖値をコントロールする能力の向上が示されたほか、「善玉」コレステロール値にもやや上昇がみられたそうだ。

カカオの含有率が60%以上と高いダークチョコレートは、砂糖は少ないか、全く含まれてなく、フラバノール値に大きなばらつきがある他のチョコレートよりも有益であり、チョコなら何でもとはいかぬようだ。

研究者は、「カカオフラバノールが有益である理由は、糖尿病や心疾患に関連する炎症を抑える作用があるためだ」と述べていた。 オートミールにスプーン2杯ほどのココアをかけたり、エクストラダークココアを利用したりすると効果的であると推奨している。

チョコ好きな人、我慢せず上手に食べましょう。