自分の実力で勝負しろ!

自分の実力で勝負しろ!

またもやですわ!  "マッサージ・はり・きゅう不正請求9億円"(https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=292833&comment_sub_id=0&category_id=256

まぁ昔から分かっていた事ですがね。 

小生自身まだ若かりし頃30年ほど前、治療やケアに興味と関心を持ち、果たしてどんな人がそれらを施す人に該当するのか、当時色々調べ考えた。 膝を軽く痛め、なけなしのバイト代を使い鍼灸院や接骨院を訪れた。 何故その治療で治るのか?骨折脱臼でも無い怪我でも無いのに診てもらえるのか??と質問しても、どれも答えは歯切れの悪いものばかり。 19・20才の小生ですら「コリャ違う」と気が付いた。

当院は高い技術だ!国家資格有取得者だ!!と言う前に、そんなに自信があるのなら、患者全員に 『明日から5千円になりますよ』 と言ってみればよい。果たして何人がハイわかりましたと今まで通り来るものか?! 

それはね今まで安いから、どこかの誰かが作った制度のおかげで、制度に頼って仕事してきたからだよって。

『資格の勉強をするのではなく、治す人になる勉強をしなさい!』 と、先日も我々の仕事に興味を持つ高校生に語った。 昨日のバイクの件もそうだが、大人がズルをするなど言語道断。 悪い者にお金を払う側も悪い。 若者にはこれからの人生、言い訳などしない真っすぐ前を向いた人生を歩んでもらい。ただそれだけである。