先月末から頭痛の患者が多いんです。

先月末から頭痛の患者が多いんです。

9月後半から天気がずっと悪かったせいか、特に頭痛の患者が必ず毎日数名。 新患だけでも毎週必ず。 ある意味、骨・肉より辛いのでお気の毒で。

頭痛の過去の研究で、甲状腺機能低下症を治療することで頭痛の頻度が減少することが報告されている。 筋骨格系疾患でも甲状腺が関連する事も多く、小生自身も特にこの辺は注意し治療にあたっている。

先月米国で偏頭痛やその他の頭痛疾患をもつ患者では、甲状腺機能低下症という甲状腺疾患の発症リスクが高いという研究発表があった。

8,400人超を20年間追跡。 その結果、群発性頭痛や緊張性頭痛など、既存の頭痛疾患のある患者では甲状腺機能低下症リスクが21%高く、偏頭痛患者では41%高かったそうだ。

偏頭痛患者は特に甲状腺機能低下症に罹りやく、頭痛患者が甲状腺機能低下症を発症すると頭痛の頻度がさらに増える可能性があるのだが、一方の疾患が他方の疾患を引き起こすことを証明するものではないとも報告されていた。

いずれにせよ、医師は頭痛疾患の患者に対して甲状腺機能低下症の検査を行うときは特に注意する必要があると研究者の先生は述べていた。

我々民間療法でも甲状腺に関する検査や治療で出来る事はある。 真剣に誠実に出来る事をしっかり提案していこうではないか。