詳しくなかったです関節症性乾癬

詳しくなかったです関節症性乾癬

乾癬に関節炎が足された病型である関節症性乾癬。 乾癬患者の中でも年々患者数が増えている疾患だそうです。 あまりどころか、正直殆ど詳しくなかったですわ、関節症性乾癬と言う病気について。

診断に有用なバイオマーカーも無く、早期診断が難しい。 患者さんも関節痛の診療の際、皮膚科ではなく、整形外科やリウマチ科を受診するために、疾患の本態がわからないまま診療が続けられ、治療の開始が遅れることが多いという。 指が好発部位であり、脊柱が侵害されることもある。 早期診療が重要なのだが、病態初期はX線では発見できない。 骨シンチグラフィー等が有用とされているそうなのだが、検査できる医療機関が限られているためになかなか普及しないのが現状。 これは困った。

治療で2010年から生物学的製剤が使えるようになり、かなり効果を上げているのだが、副作用とのバランスを見極めながらの治療が必要であり、再発もしやすいという。

しかし数十年来、乾癬に悩む患者さんがこの生物学的製剤の治療のおかげで関節の痛みが軽減、皮膚症状も落ち着いた報告等も数多く述べられているという。

リウマチは勿論、形性関節症、肥満者であれば関節破壊や痛風、感染症ではクラジミア、梅毒等の鑑別診断の勉強も、より一層せねばである。