糖尿病予防に筋トレを。

糖尿病予防に筋トレを。

日本の研究の先生のお話を。

以前から筋肉量が低下すると糖尿病前症の有病率が増える可能性は分かっていたが、膵β細胞機能と骨格筋量との関連は明らかにされていなかったそうだ。

今回研究で糖尿病ではない日本人成人を対象に、膵β細胞機能と骨格筋量との関連を検討した結果、膵β細胞機能は加齢に伴って膵β細胞機能が低下することが分かり、それに伴いインスリン抵抗性の指標値も低下し、四肢骨格筋量指標も前述二つと男女ともに有意に正相関を示していたという。

さらに四肢骨格筋量指標を層別化した結果、最も低い群では最も高い群に比べてこれらの指標が有意に低下していた。

日本人では、2型糖尿病の発症にはインスリン抵抗性の増悪よりもインスリン分泌能の低下が強く関連することから、糖尿病予防には骨格筋量を減らさない工夫が重要となる可能性があると研究者の先生は述べていた。

自分は糖尿病じゃないからと高を括る、筋肉には刺激を与えねばである。