3秒ルール、5秒ルールの真実。

3秒ルール、5秒ルールの真実。

暇な、なんて言ったら怒られるが、世の中いろんな研究をする人がいるモンですナ。

食べ物を床に落として何秒ならセーフ!なのか?  そんな研究をした米国からの報告。

スイカ、パン、グミのキャンディなど、性質が異なるさまざまな食物を、セラミックタイル、ステンレススチール、木、絨毯などの面に落下させ、接触時間それぞれ1秒未満、5秒、30秒、300秒の場合にわけて、面から食物への細菌の移行率を評価。 128種類のシナリオを各20回、計2,560回の測定を行ったそうだ。

結果、細菌の移行率は細菌に汚染された面への曝露時間の長さと、食物の水分によって上昇していたそうなのだが、 細菌汚染は1秒未満でも起きうることも判明したって話。 

細かいとこだと、食物を落としたときの汚染リスクは、スイカで最大、グミのキャンディで最小。 絨毯に落とした場合はタイルやステンレススチールよりも汚染が少なく、木に落とした場合はばらつきがあったという。

まぁ、当たり前だよね。(笑)