学生時代から全く興味が無い事。

学生時代から全く興味が無い事。

学生時代から全く興味が無い事、それは"資格"。 

実はそれにはちょっとした事件・事故がきっかけなのだが、当然良い話では無いので書かないが、現在こうして患者と出会えるきっかけには大きく影響している。

新患問い合わせを受けていて、少々最近気が付いた事がある。 数年前は「治療は院長先生が診てくれるのですか?」という質問が多かったのだが、最近は「資格はだれが何を持っているのですか?」と言ってくる事が多々ある。 人に重きを置かずに、何に一番を見出そうとしているのか?! 

医師以上の資格は無い。知識資格で治るなら、皆医者病院で治ってる。 大切なもの、必要な事が欠落している事実に気が付くものだけが手に入れる事が出来る真実。

何処の誰だか知らない他人が作ったモノでしか自己表現できぬ悲しい人生。 何処の誰でも無い自分だと言えない模倣の個性。 そんな人生、小生は学生時代からまっぴらご免だ。 

治す側は患者を診る。 そして患者側は先生を見るべきである。