どうすれば治るか?じゃない思考。

どうすれば治るか?じゃない思考。

どこぞの大学の研究先生で、講師を生業としているならば大納得だが、本業片手間に週末セミナーなんて過去ろくな奴に会ったためしが無い。 たかだか10年15年の薄っぺらい経験で、さもすべての本質を理解した勘違い。 そもそも見抜けぬ方も人間的経験が不足気味。

怪しい奴の大原則。 こうすれば良くなる!こうすれば治る!! と安易安直に無責任に言い切る。 アンテ何様?神様かって!?

患者は素人、残念ながら思考も素人。だからどうすれば治りますか?治る方法を教えてください!と言ってやって来るのは仕方が無い。

だがたった一つ、これだけは小生の未熟な人生経験でも断言させて頂く。

"治らないのではない。 治るのを何かが邪魔しているのだ" まずなりより初めにそれらを解決せねば、何も前には進まぬのだ。

最近患者激減、廃業閉院する同業の話が良く耳に入る。 今一度、誠実に実直に患者と向き合おうではないか! 上っ面人間は必ず患者に見透かされるのだから...