夏祭りの"光る棒"にはご注意!

夏祭りの

そりゃ危険度満載だよナ、あんな光る棒なんて。 でも昔の方がもっと怪しい光モンあったような気がするが。

米国の専門家が、暗闇で光る棒を子どもが噛んだり千切ったりしようとしたら止めるべきだと警告している。

フタル酸ジブチル(DBP)という化学物質が含まれることがあるケミカルライト、この液体が口や眼に入ると、通常、すぐに刺すような痛みと焼灼感を生じる。 昨年同製品に関連して321件の事故報告を受けているそうだ。

人間の子供は当然だが、ペットがフタル酸ジブチル(DBP)に触れても、よだれ、悪心、嘔吐などの深刻な症状が生じる可能性があるという。

夜祭散歩の愛犬家諸君、暗がりで足元見えていなくって、うっかり壊れてこぼれた液体をペットが舐めぬよう、お気をつけあれ。